まんまる円、楕円ときたら…

イメージ画像

印鑑の印のかたちといえば、まんまる円や楕円が多いですよね。
特に三文判はこのような円型が使われています。
みなさんが普段使っている印鑑も、これらの形のものがほとんどでしょう。

別の用途に使う印鑑でしたら、角型もありますね。
角の方が文字数も多く使うことが出来ますから、応用性がきくとも考えられます。
見た目の見やすさなども関係しているとは思いますが、今の印鑑技術なら、いろいろな印のかたちを作ることだって出来るはずです。
それならば、三角だって、星型だって渦模様だって可能なはずですよね。
形のパターンが増えれば増えるほど、作るのは大変になるかもしれませんが、それぞれの個性に合わせていろいろなものを選べますから、きっと楽しいと思います。

とある地域では三角を使う人が多かったり、他の地域では、星型が流行っているなどといったこともあるかもしれません。
また、ワクにとらわれないような印鑑もいいですよね。
印の外側にワクがあるから、その中に文字を納めようとしてデザインが限られてしまったりするわけです。

逆にワクをつけなければ、いろいろな印鑑を組み合わせて、新たな文字を表現したりすることも出来るのです。
そのほうが、印鑑の利用方法も広がりますからね。

持ち手と押した部分の形が違えば、ちょっとびっくりしてしまいますが、持ち手と印鑑は決して同じ形である必要はないわけです。
持ち手は持ち手として持ちやすいように、印の部分は印として最適なかたちをほどこすのが、一番いいはずですからね。



このページの先頭へ