無くて困る、ありすぎて困る

イメージ画像

皆さんは、自分の名字や印鑑に、どういった印象を持っているでしょうか。
これはそれぞれの名字によって、いろいろな悩みがあるのではないかと思います。

以前私が知り合いと話していたときに、結婚を機会に、名字が変わったことをとても気にしていました。
結婚後の名字は、日本の名字の中でもかなり人口の割合が多いとされているようなものだったのですね。
そのため、印鑑を押すときも、同じ名字の人がそばにいれば間違ってしまうようなこともあるし、偽装されやすいのではないかという不安も抱えていたそうです。

ただ、自分の名字が珍しいという人も別の悩みを抱えているはずです。
私の場合、結婚後の名字は、わりと人口の割合が少ないであろうものだったので、印鑑を買いに文房具店に行ったのですが、売ってなかったのです。

絶対にない、と言い切れるような珍しい名字なら、最初からオリジナルのものを作ってもらおうとするのですが、珍しいけど、無いこともない、というような場合には判断に悩んでしまいます。
私の場合も、そういわれていたので、どこかにはあるだろう…と思って、どこかの店に行くたびにはんこ売り場をのぞいたものです。
ありすぎる名字も、無すぎる名字も、それぞれ悩みがあると考えれば、どちらともいえないような、標準的な名字の人が一番得なのかもしれませんね。

普通すぎて悩んだことも無いという人もいることでしょう。
私も結婚前と結婚後で、これほどまでに名字に対して考え方が変わるとは思っていませんでしたしね。

〔お得な情報サイトをご紹介〕
印鑑の購入を考えている方にお勧めのサイト!
値段だけでなく、何から選べばいいのかも分かる情報も掲載しているので
高品質で用途にあったものをリーズナブルに探せます!
印鑑をお探しなら専門の商品ラインナップ紹介サイト、印鑑ネットから!

このページの先頭へ