自分の名前!

イメージ画像

印鑑は、自分だけのものというイメージが強いですよね。
自分の名前が彫られているわけですから、家族ならまだしも他人には使えない、オリジナル感があります。
自分だけのものだからこそ、長く大切に、愛着を持って使っていきたいものです。

普段はあまり使いませんが、自分のフルネームが入った印鑑を持っている人もいます。
この場合は、既製品として売られているようなことはまず無いため、はんこやさんに頼んで、特注品として作ってもらうことになります。
その分、値段も少し高くはなってしまいますが、フルネームが入っていれば、考え方次第で利用価値も高まることでしょう。

たとえば、手紙を書いたときに、サインの代わりに印鑑をつかったり、年賀状や趣味で書いた絵などにも使えます。
自分の名前も入っていれば、家族だって使えませんから、まさに一点ものなわけです。
おもわず自分の名前をアピールしたくて、いろいろなところに押したくなってしまいますね。

フルネームを入れる場合は、文字数が多くなるため通常私達が使っている印鑑よりも少し大きめになります。
そのため、見た目もとてもインパクトがありますし、自分だけのものは、他人から見てもカッコイイなぁ、と思ってしまいます。
最近は、認印として、サインが使われてしまいがちですが、もし皆が、自分専用のフルネーム印鑑を持っていればその人の性格を現すような、個性豊かなものも見ることができるかもしれませんね。

サインの文化に負けないように、印鑑も頑張って欲しいところです。



印鑑証明書は原則として、本人が請求するべきものだそうです。
自分で、印鑑証明書をとったことがないのですが、ここのサイトによると 印鑑証明書は市区町村の窓口で請求するだけで取得することができるようです。

このページの先頭へ